ハイドロキノンはちくびの黒ずみ解消に効果はある?

ハイドロキノン ちくび

乳首の黒ずみが気になる方にとっては、色をピンクにしたい、もしくは自然な色になるケアアイテムは気になりますよね。

 

美白成分として知られる成分はいくつかあり、厚生労働省ぶ一定の効果があると認可されている成分もあります。
ハイドロキノンも、その美白効果が認められており、皮膚科などではシミなどのケア、治療に使用されるいわゆる美白有効成分です。

 

ハイドロキノンはちくびの黒ずみ治療にも用いられますが、セルフケアでの使用は注意が必要な成分でもあります。

 

美白有効成分ハイドロキノンの特徴

ハイドロキノンはシミの原因、メラニンの生成に関わる酵素チロジナーゼの働きを阻害する働きとメラニン色素の生成に関わるメラノサイトに働きかける効果が期待できるとされています。

 

シミに対しては予防の観点とすでに出来ているシミに対しての効果が期待できるとされており、シミ治療では一般的な成分の一つです。

 

また、ハイドロキノンには還元作用も高く、メラニンの色を薄くするといった働き、さらに肌表面のシミだけでなく、真皮層の色素沈着にも効果が期待できることも特徴です。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われることが多く、効果は高いものの、扱いが難しい点から以前は医療用の外用薬として処方されることが多かったのですが、近年の規制緩和と共に化粧品にも使用されるようになりました。(美白化粧品)などに含まれることが多い)

 

ハイドロキノンは乳首の黒ずみに使用可能?

ハイドロキノンは乳首の黒ずみケアにも使用されることがあります。ただし、ハイドロキノンを自己判断で乳首に塗るのは肌自体のかぶれや赤みといった炎症を引き起こしてしまう場合があり、セルフケアでハイドロキノンクリームを使用してのケアはおすすめできません。

 

基本的には美容クリニックなどでの治療によって使用することで、できるだけちくびや乳輪の皮膚に負担が無いように治療を行うことができます。
もちろん、セルフケアよりも費用はかかりますが、安全に黒ずみケアを行うことの方が大切ですので、まずは医師の判断や指示を受けてからハイドロキノン治療に取り組むことが基本です。

 

ハイドロキノンでの乳首の黒ずみケアは他の成分も必要

一般的なハイドロキノン治療はハイドロキノンだけでなく、トレチノイン(ビタミンAの一種)やビタミンC誘導体を一緒に使用することが多いです。
そのため、セルフケアを行うのにはハイドロキノンだけでなく、他の成分の知識も必要になるため、おすすめできない点があります。

 

市販のちくびの黒ずみケアクリームから始める

ちくびの黒ずみが気になる方は、まず、市販のケアクリームを使うのがおすすめです。
安全面でもクリアされているクリームですので、セルフケアでの知識が無くても、使用上の用量・用法を守って使うことでトラブルなく使用できます。

 

その上で期待した効果が得られない場合に、クリニックなどでの相談をして治療を行うというのがおすすめです。

 

ハイドロキノンを用いたちくびの黒ずみ治療は一定の日数(○クールといったスパン)をかけ、経過を見ながら行っていきます。
それくらいハイドロキノンは扱いに気を使う必要であるということがわかります。

 

複合型ビタミンC誘導体でちくびの美白!おすすめのケアクリーム

 

ホワイトラグジュアリープレミアム