ちくびをピンクにするセルフケアに役立つ美白クリームの選び方・おすすめの成分

ちくびの黒ずみ

ちくびをピンクにする方法として人気なのが、顔のスキンケア同様に色素沈着した肌を美白するケアがあります。

 

透明感のある色白の肌というのは女性の憧れでもありますが、いくらそんな肌をしていたとしても、裸になったときに乳首がピンクではなく、黒ずんだ状態だと、そこだけが目立ってしまうようになります。

 

そこだけ老けたようにも見えますから、美白クリームを使って、ピンク色の乳首のためのセルフケアに取り組みたい所です。

 

 

美白クリームの選び方・おすすめの成分

乳首をピンクに戻せる美白クリームは、デリケートゾーンやわき、ひざ、くるぶしなどにも使えるものが多く、黒ずみやすい肌の部分に塗ると、中に含まれた有効成分が浸透し、本来の肌のサイクルへと届けながら、保湿もケアして守ります。

 

美白成分が配合されているかチェック!

ちくびの黒ずみ

これからクリームを購入するつもりなら、選び方に注意しなければならないので、まずはパッケージに書かれた成分表をチェックするようにしてください。

 

トラネキサム酸トレチノイン水溶性プラセンタビタミンC誘導体のようなものが有効成分として配合されていることが、美白効果が認められている成分で医薬部外品としてケアが行えるクリームです。

 

美白は肌のターンオーバーをサポート

美白ケアは肌のターンオーバーのサイクルをサポートしていきます。継続してケアすること、出来ることが大切です。
時間を必要とするケアでもありますので、毎日続けてケアできるアイテムを選ぶことで実感を高めてくれます。

 

人に気づかれたくないケアだからこそ、クリームの匂いや色、アイテムの見た目やサイズなどにもチェックしましょう!

 

化粧品のような乳首の黒ずみ美白クリーム

 

ホワイトラグジュアリープレミアム

 

黒ずみ:メラニン色素の沈着による黒ずみ
美白:メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ


ちくびをピンクにする方法記事一覧

胸の悩みの中で実はサイズ以外だと乳首の色を気にしている女性は多いです。年齢とともに色が濃くなってしまったり、妊娠や出産、授乳の影響で色が変化してしまうということもあります。さらに出産経験の無い人も下着でのすれやホルモンバランスの変化で濃くなってしまうこともあります。そんな乳首の色が気になっている場合には黒ずみの原因に作用する美白成分を配合した美白クリームが手軽にケアしやすいのでおすすめです。ちくび...

男性は女性のちくびに対してきれいなピンク色のちくびが当たり前だと思っている節があるので、黒ずんでいたりブラウンだったりすると幻滅してしまう場合が、女性が思っているよりも多いと言われています。これは男性が率直に女性の体のどこに魅力を感じているかというアンケートなどでも、結果にも分かりやすく出ています。パートナーの目が気になってしまう、自分でもどうにかしたいと考えている方は人に知られずに乳首の色をピン...